ありがとうございます。おかげさまで創立50周年。「100年企業めざして心ひとつに」 facebook始めました! https://www.facebook.com/shiguma1967/

新着情報

シグマからの最新のお知らせ
堤相談役のハガキコーナー

066  美しい日本人の心を大切に・・・

いつも、ありがとうございます。

 

08年五月、四川省の大地震被災地に日本から国際緊急援助隊が派遣され、いち早く活動を開始したと報じられた。

彼らの使命感は「いちるの望みのあるかぎり、私たちは最後の一刻まで努力を続ける」。

病院から二十八歳の母親が生後二ヶ月の乳飲み子を抱きしめ息絶えた遺体を搬出。

隊員四十名が遺体をはさんで整列、静かに黙祷を捧げている写真は、世界中に大きな感動を巻き起こしました。

新華社通信カメラマンが捉えた瞬間の一枚の写真は、日本人の心をよく表しています。

 

91年一月、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故で、日本人医師が被災者の救援に走り、十人の子どもを骨髄移植で白血病から救ったが一人だけ子どもが亡くなった。

田舎に母親を訪ねたときの話。

「息子を失ったけれど、私たちは日本人に感謝している」。

熱に浮かされ何ものどを通らなくなったとき、日本人Y看護師が『何を食べたいの?』としきりに聞いてくれ、息子はパイナップルを食べたいと。

仕事が終わるとY看護師は零下二十度の街にパイナップルを探し歩いたがない。

街の噂になり聞きつけたパイナップル缶詰をもつ人が「日本人は、そんなことまでしてくれるのか」と感激。

翌日缶詰を病院に届けてくれたという。

鎌田實著「雪とパイナップル」抜粋・                       二〇〇八年六月十五日


========== ご相談・お問い合わせ =========

株式会社シグマ
【本社】
〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町八戸3005番地
TEL 0952-26-7661(代表)
FAX 0952-22-8434