創立55周年!『100年企業めざして心ひとつに』
創立55周年!『100年企業めざして心ひとつに』

シグマ お問い合わせ

令和 4年 2月のたより

香月社長の家族へのたより

 お元気でしょうか?
昨年末一旦落ち着いていたコロナ感染者数も一月に入って全国各地で過去最高の感染者数となっています。
佐賀県もここ数日500名を超えており一向に落ち着く気配が見えません。
最近では幼稚園、学校、施設などでのクラスターが発生しており子供さんをお持ちのご家庭では濃厚接触の可能性も高まっているようです。
前回のデルタ株より今回のオミクロン株は感染力が強いので以前に増して身近なところで感染情報が入ってきています。
落ち着くまでにはまだ暫く時間がかかりそうですので手洗い、うがい、手指消毒とマスク着用等の基本的な感染防止策を引き続きよろしくお願いいたします。

 さて、私事ですが、昨年11月下旬頃の夜中に右の脇腹と腰に激痛が走りました。
生汗をかくような痛みでしたが暫くすると痛みが和らいで何とか朝まで大丈夫でした。
当日朝かかりつけの病院へ行き先生に話をすると「そりゃ~尿管結石ですよ」と言われ専門病院を紹介してもらいました。
病院でエコー検査したところ腎臓が腫れて正常な状態ではないとの判断で今度はレントゲン撮影。
すると腎臓と膀胱までの丁度中間地点に白い米粒みたいな影が見えました。
先生は「これは案外大きい石ですね。8ミリはあります。自然に出るか出ないかという大きさですね~。」と言われました。

 その日は「二週間経過をみましょう」ということになりました。
幸い痛みがほとんど無かったので良かったのですが、二週間後再び病院でレントゲン撮影したところ石が前回地点から全く動いていませんでした。
先生は「動きそうな状況じゃないから手術をしたほうがいいですね。」と言われ佐賀医大に紹介状を書いてもらいました。
いよいよ手術かと思っていたところ、佐賀医大に行く10日ぐらい前に血尿が出ました。

ビックリして再度病院へ行きレントゲン撮影を行ったところ全く動きそうな気配が無かった石が膀胱近くまで下がっていました。
先生は「下がったね~。よし、自然に出るまでこのまま頑張ってみましょう!」と言われ佐賀医大に持って行く予定の紹介状を破棄されました。
膀胱近くまで下がってきていましたから直ぐに石は出るのではと期待していましたがなかなか思ったようになりません・・。
もう2月に入りましたが未だに私の体の中に石は居座っています。
もう暫くの辛抱だと思いますが一刻も早く出てほしいと願うばかりです。

 丁度10年前の50歳の時に心筋梗塞を起こし危ない目にあいました。
昨年60歳の還暦を迎えまた節目の年に厄介な病気になってしまいました。
今年は自分の身体を労わりながら仕事と生活をやっていきたいと考えています。
令和 4年 2月8日
                                香月 信夫


========== ご相談・お問い合わせ =========

株式会社シグマ
【本社】
〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町八戸3005番地
TEL 0952-26-7661(代表)
FAX 0952-22-8434

Related Posts