創立55周年!『100年企業めざして心ひとつに』
創立55周年!『100年企業めざして心ひとつに』

シグマ お問い合わせ

令和 3年 12月のたより

香月社長の家族へのたより

 お元気でしょうか?
令和3年最後のたよりとなりました。
今年もコロナの話題ばかり目立っていましたが先月からようやく感染者数が全国的に減少し改善の兆しが出てきました。
しかし何故日本だけが急激に感染者数が激減しているかは専門家でも明確な理由が不明であることには若干不安は残ります。
また新たな変異株「オミクロン株」が日本にも入ってきておりまだまだ油断出来ない状態が来年も続きそうです。
引き続き会社や家庭でも感染防止対策をよろしくお願いいたします。

 さて、今年も振り返ってみた時にいろいろなことがありました。
大きな問題点としては若い社員と年配社員とのコミュニケーションが非常にとりにくくなっています。
昭和生まれの年配社員と平成生まれの若手社員ではそれぞれ育ってきた環境が違います。
仕事においても若手に対しどうしても過去に自分が当時の先輩から習ったやり方や当時の考え方を基準に指導する傾向があります。
悪気はなく部下のことを思って指導しているつもりがついつい言葉が厳しくなりパワーハラスメントに取られてしまうこともありました。

 多くの企業が同じような問題を抱えているようです。
先日読んだある雑誌に部下への指導について「昭和スタイルの終焉」と書かれていました。
私を含め昭和時代に身につけてきた価値観を平成、令和時代の価値観に変化させていくことが必要なようです。
相手を変えるのではなく自分が変わらなければ何も問題は解決しないようです。
更に創業50年以上経過してくると社風にそぐわない垢が溜まってきていることに気づきます。
何の混じりけもない真水が入ったコップに垢が少しでも入ればこの水は飲むことが出来なくなります。

 職場も全く同じです。
大多数の人が真水であっても微量の垢が落ちればその職場は活気がなくなり暗い職場になってしまいます。
虫や魚など暗いところには集まりません。
人も同じように暗いところよりも明るいところが好きです。
先ずは昭和生まれの私たちから積極的に明るい挨拶を行い、これまで以上に「ありがとう」の言葉が飛び交う職場の『場』づくりが来年の課題です。
先月新しいメンバーが加わりました。
名前はHくん26歳です。
前職も電気工事を行っていましたので佐賀営業所で即戦力として頑張ってもらっています。

 今年もご家族の皆様には大変お世話になり誠にありがとうございました。
上述しました問題点をしっかり受け止めて改善し、来年は更なる飛躍を成し遂げたいと考えています。
寒さが厳しくなってきました。
体調管理には十分お気を付けください。
では良い年をお迎えください。
令和 3年 12月8日
                                香月 信夫


========== ご相談・お問い合わせ =========

株式会社シグマ
【本社】
〒840-0857
佐賀県佐賀市鍋島町八戸3005番地
TEL 0952-26-7661(代表)
FAX 0952-22-8434

Related Posts